>>お問い合わせ  

カーテン選び

カーテンの選び方というと、種類が多くて迷ってしまうかもしれません。そこでカーテンの選び方のポイントをお知らせしたいと思います。
まず1つ目のポイントは、色と柄、つまりカーテンのイメージを決めることです。まずは色についてですが、カーテンの色には非常に多種多様な色があります。カーテンの色によっては部屋の雰囲気がガラッと変わりますし、カーテンの色によって、そこで過ごしている人の睡眠や食欲などにも影響があるというデータもありますから、カーテンの色を簡単に決めることはできません。カーテンの色の基本としては、ブラウンやベージュが落ち着いていますし、グリーンもさわやかな色です。でも色を決めるのに迷ってしまうという場合には、色の心理作用というものを参考にしてみるといいかもしれません。例えば、ピンクは喜びと安らぎを与え、若返りがはかれる色だと言われています。同様に、赤なら自発的な意志を生む活発で活動的な色で、オレンジなら強靭な精神力と前向きな力を生む色、黄色は心を明るく陽気にさせてくれる色といわれています。人が最も落ち着きを感じ安らかさを感じられる色というとグリーンですし、鎮静力があって心地よい睡眠へといざなってくれるのはブルーです。どの色もそれぞれに人に与える影響を持っていますが、同じピンクを取ってみても彩度が変わるとイメージも変わります。彩度は部屋のイメージをどのようにしたいかということと関わります。部屋のイメージとしては、自然派のナチュラル、華やかな雰囲気のゴージャスやシンプルなベーシックスタイル、現代的で主張のあるモダンとかわいく元気なカジュアル、日本人なら和風に決めたいなど、様々なイメージがあります。イメージを決めるにはカーテンの柄も大切ですから、大まかな色を決めたら彩度と柄でイメージを決めていくという流れにしておけばよいでしょう。とはいっても色を決めるのも迷ってしまうという場合には、家具や小物と合わせて考えると、部屋全体に統一感のあるイメージとすることができます。ソファーやベッド、デスク、チェアーなどの家具はカーテンと合わせやすい家具ですし、お気に入りのクッションと色を合わせてみるというのもお勧めです。基本は、気に入って好きな部屋を作ることですから、好きなものとカーテンの色を合わせれば、好きな部屋の雰囲気になることは間違いありません。
カーテンの色と柄が決まったら、次はポイントの2つ目、カーテンの機能です。例えば寝室なら、朝でも太陽の光を遮ってくれ安眠を守ってくれる遮光カーテンにしたいものですし、リビングなら多くの人が出入りしますから汚れが付きにくくなっているものがお勧めです。また子供部屋には、シックハウス症候群の対策をしてくれるホルムアルデヒドを分解する機能を持ったカーテンにしてみるのもよいでしょう。主なカーテンの機能としては、防炎や遮光、遮音、消臭、防カビ、マイナスイオンの発生とUVカットなどがあります。その他にも、お手入れをしやすくしてくれる機能としては、家の洗濯機で丸洗いできるウォッシャブル加工がされているカーテンや汚れが付きにくくしてくれてあるSR加工カーテン、撥水機能の付いたカーテンもありますし、レースカーテンでは黒ずみを防止してくれる機能の付いたカーテンがお勧めです。

色も柄も決まり、カーテンのつける機能も決まったら、あとは3つ目のポイントである、サイズを計るだけです。ただ、サイズを計り間違えてしまったりおろそかにしてしまったりすると、せっかく気に入って選んだカーテンも水の泡。みっともなく見えてしまったり、プライバシーが守れなかったりして、カーテン本来の目的の一つでもある、外から見られたくないということが守られなくなってしまいますし、落ち着きのある部屋にもならなくなってしまいます。サイズの計測は、慎重に行うようにしましょう。カーテンのサイズは、幅と丈を計ります。どちらも窓の幅や丈を計るのではなく、カーテンレールの幅やカーテンレールからの丈を計ることが重要です。幅なら、左右両端についている、留まっている金具の間を計り、それを1.05倍もしくはそれに+10cmした数字が、適正な幅です。丈なら、カーテンレールの金具の中心から床まで、腰高な窓なら窓枠の高さまでを計り、床までの場合ならドレープカーテンでは−1cm、レースカーテンなら−2cm、腰高な窓のカーテンなら+15〜20cmをすると、よい丈の長さが出ます。

Favorite

Last update:2018/5/30

Copyright (C) 2008 カーテンの豆知識 All Rights Reserved.